気軽に読めてすぐに実行!下半身太り解消の近道は運動?サプリ?知識?

糖質制限ダイエットは危険と隣合わせ? 理想と現実の差とは?

2019/05/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -

糖質制限ダイエットはいまや絶対に
痩せるダイエット方法として、

幅広く人気のダイエット方法ですね!

痩せる根拠もきっちりとあるので
人気があるのは良いのですが、

なんで痩せるのか分かっていないと
体調を崩したり、

とんでもない事になることもあるので
今回は糖質ダイエットの良さと、

その裏側をお伝えしていきます!

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットは危険?

まずは糖質制限ダイエットが危険なのか?
というお話ですが、

きちんと仕組みを把握して実践するなら
何も危険なことはありません。

糖質制限ダイエットは突き詰めていくと
断食ダイエットと同じようなものなので、

自分が断食しているような状態だと
認識していれば、

危険なことにはなりにくいからです。

でもきちんと認識していないと
とても危険な状態に陥るかもしれませんよ!

そうならないように糖質制限ダイエットの
仕組みを見直していきましょう!

糖質制限が危険と言われる理由

人は食べなければ痩せ細り
最終的に餓死します。

必要な栄養素が足りなくなったり
エネルギーが無くなったりして、

やがて動けなくなるわけです。

ですので断食ダイエットを行う場合は
何も食べない代わりに、

必要な栄養素を飲み物で補って過ごします。

入院などで点滴を打って何も食べないのと
似たイメージですね!

でも糖質制限ダイエットは食べ物を
食べますよね?

ただ糖質の少ない食べ物や糖質の
入っていない食べ物を食べるのです。

人間のエネルギーは糖質から生まれるので
糖質の摂取を完全に無くしてしまうと、

糖質から作り出すエネルギーも無くなります。

糖質が含まれない食べ物は食べるので
お腹はもちろん膨れますが、

エネルギーは無い状態になります。

何だか普通に考えると不思議な状態ですが、

お腹いっぱいでもエネルギーが無いので
過剰な糖質制限をしてしまうと、

体がだるくなったり、頭が働かなくなったり、
体調が悪くなることもあるわけです。

最悪の場合、倒れてしまうことも
十分にありえます。

これが糖質制限の危険なところですね!

断食しているのに、ダイエットがてら
走ってみようとはなりませんよね?

でも糖質制限だとお腹は膨れるので
ダイエットでちょっと走ってみようかな?

と言うこともありえるのです。

これが、糖質制限ダイエットが、
危険と言われる理由ですね!

お腹が膨れているからエネルギーが
いっぱいあるんだ!

という錯覚をしないように
注意が必要なのです。

糖質制限ダイエットの仕組み

炭水化物から食物繊維を除くと糖質ですね!

食べると体内でブドウ糖に変わります。

ブドウ糖は人間のエネルギーになりますが
使わない分は肝臓や筋肉に備蓄されます。

その備蓄量を超えると今度は脂肪になり
太っていくわけです。

この糖質を制限してしまうと
当然エネルギーはすぐに底をつきます。

このときエネルギーが無くなったので
もう一歩も動くことはできません!

ということにはならず、

今度は体内で体を動かすためのエネルギーを
何とか作り出そうとします。

そのエネルギーの源が「脂肪」なのです。

糖質のエネルギーが切れたから
代わりに脂肪をエネルギーにしよう!

という働きで脂肪を燃焼させて
エネルギーを作ります。

脂肪をエネルギーに変えるので
当然ながら痩せます。

これが糖質制限ダイエットの仕組みですね!

糖質制限ダイエットの問題点

糖質制限を行うことで脂肪を燃焼できるなら
やっぱりダイエットには最適!

と思うかもしれませんが、

問題点がいくつかあるのです。

まず、糖質で作り出すエネルギーが無いと
脳の働きが落ちてしまいます。

先程もお伝えした通り、体がだるくなったり
意識が散漫になったりと、

日常生活に支障出てきたり・・

エネルギーがあると勘違いして
いつも行っている運動(仕事)をすると、

体調を崩してしまう可能性もあります。

また、糖質によるエネルギーが無くなり
脂肪をエネルギーに変える場合、

脂肪の燃焼は代謝の良さでも変わるため
代謝が悪い人は、

ただ体がだるい時間が続くだけで、

思うように脂肪が燃焼されない
ということも起こってしまいます。

つまり、若くて代謝の良い20代の方なら
糖質制限ダイエットを行なうと、

短期間で痩せたり思った成果が
でるかもしれませんが、

歳を取ると必然的に代謝は衰えるので
40代の方が同じように糖質制限を行っても、

ダルさなどデメリットが多いわりに
思ったより脂肪が燃焼されないことも
実際に起きてしまいます。

これが糖質ダイエットの問題点ですね!

糖質制限ダイエットの理想と現実

糖質制限でダイエットを行うときに
もう一つ危険な点があります。

物理的に危ないという意味ではなく
女性として危険という意味なのですが、

糖質ダイエットを行う際に
ただ体重が軽くなればそれで良い、

という考えなら問題ないのですが、

下半身が太いから細くしたい!

という考えがある場合だと、

ただ糖質制限をしても痩せなくても良い
上半身や胸の脂肪が落ちて、

下半身はそれほど変わらないという
状態もありえるのです。

理想はスリムな上半身と引き締まった
美脚をイメージしていても、

現実には糖質制限を行うだけでは
どこの脂肪が落ちるかは人によって
異なるわけです。

特に年齢が進むと心臓から遠い下半身は
代謝が衰えるのは普通なので、

何も考えずに糖質制限をしてしまうのは
色々な意味で危険ということですね!

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットの危険まとめ

糖質制限はうまく活用して行えば
痩せる仕組みは事実なので、

体重を減らしたい方にはおすすめです。

ただ、人によって度合が難しいのも
事実なので、

いつもと同じ生活を続けるとして
どこまで糖質制限を行えば、

ちょうど良く痩せていくのか?

という「ちょうどの部分」を
探っていく必要があるのです。

糖質を制限しすぎると体調が悪くなり
制限が甘いと痩せないので、

このバランスがとても大事です。

バランスよく糖質制限を行えば
危険もなく痩せられるので、

一番大事というわけですね!(^O^)

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です