気軽に読めてすぐに実行!下半身太り解消の近道は運動?サプリ?知識?

下半身太りの原因「子宮冷え」に問題?子宮の冷えを取るエクササイズとは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
スポンサーリンク

下半身太りの原因の1つに

子宮冷え

というのがあるのは知ってますか?

「冷え性」は特に女性に多いですよね。

身体が冷えると代謝が悪くなり
脂肪燃焼が悪くなるため、
下半身太りに繋がります。

その「冷え性」の原因は
もしかしたら「子宮冷え」かもしれません。

今回は子宮冷えの原因や改善方法に
子宮の冷えを取るエクササイズについて

お伝えしていきたいと思います!

下半身太りの原因「子宮冷え」とは?

子宮に向かって流れる子宮動脈の血流が
滞ることで冷えてしまうことが

「子宮冷え」と呼ばれています。

ではこの「子宮冷え」はどういった時に
起こりやすいのでしょうか?

子宮冷えの原因

migisita

普段の生活やオフィスワークなどで
床や椅子に長時間座っていることは
多くないでしょうか?

長時間同じ姿勢で座っていることで、
子宮動脈が圧迫され、

ますます血の巡りが悪くなり
子宮が冷えてしまうんです。

子宮が冷えると下半身全体の血流が
悪くなってしまうので、

老廃物が溜まって代謝も悪くなり
下半身に脂肪がつきやすくなります。

これが下半身太りの原因になるわけですね!

子宮冷えの改善方法

子宮冷えは日常生活の行動が
原因の一旦になっています。

例えば、夏場ということで
ジュースやアイスなどの冷たいものを
飲んだり食べるだとか、

トマトなど身体を冷やす食材を
好んで食べたりしてませんでしょうか?

また夜にお腹を出して寝ていたり
お風呂は入らずシャワーだけといった

日常生活になっていませんでしょうか?

思い当たることを一つ一つ解決していくと
子宮冷えの予防になるので、

細かく見ていきましょう!

暖かい飲み物を選ぶ

migisita

暑いとどうしても冷たい飲み物を
選びがちですよね!

気持ちはすごくわかりますが
冷たい飲み物は身体を冷やしてしまいます。

お水の場合はなるべく常温を選び
コーヒーや紅茶なども、

ホットを選ぶように心がけると
子宮冷えに効果的ですよ!

身体を温める食材を選ぶ

migisita

食材も身体を冷やすものや
温めるものがあります。

「しょうが」「ごぼう」「れんこん」
「かぶ」などの、

”土の中で育つ根菜”や、

「りんご」「さくらんぼ」などの

”寒い土地で採れる物”、

「黒豆」「ひじき」など黒っぽい食べ物は
身体が温められる食べ物です。

冬は特にこれらを多く摂り
身体の内側から温めることで、

代謝を上げることができるので
子宮冷えに効果的ということですね!

特に「生姜」は冷えを解消するための
特効薬として、風邪を引いたときにも

「生姜湯」を作って飲んだことは
ありませんでしょうか?

これも「子宮冷え」にはおすすめの
改善方法なんですよ!(*^^)

腹巻で腰回りを温める

スポンサーリンク

「胃腸の冷えは万病の元!」

と言われるほどで、胃腸が冷えると
免疫力も低下してしまいます。

特に平熱が35度台という方は要注意ですよ!

当然、胃腸があるお腹周りが冷える
ということは子宮にも悪影響です。

腹巻きなどで腰周りを温めることで
全身の免疫力アップにもつながり、

子宮冷えも予防できるので
一石二鳥ですよ!

湯船に浸かる

migisita

夏場にエアコンで身体を冷やした上
お風呂はシャワーだけ!

なんて日はありませんでしょうか?

こういった生活に慣れてしまうと
基礎体温が下がってしまい、

血行もどんどん悪くなってしまいます。

お風呂に入るときは湯船につかることで
血行が促進され代謝もアップしますし、

汗をかくので老廃物の排出も促されます。

その他にもリラックス効果など
メリットも多いので、

できればお風呂の時は毎日ゆっくり
湯船につかるのがおすすめですよ!

家で入るのが面倒なときはスーパー銭湯で
温泉につかるのも良いですね!

足湯

migisita

足は心臓から最も遠い位置にあるため
血行が悪くなり冷えやすい部分です。

足を温めることで、自律神経を整え
新陳代謝を上げることで、

冷えの改善ができるわけですね!

自宅で足湯を行う場合はダイソーなどで
販売している大きめの洗面器や、

バケツなどを用意してから
42度~45度くらいのお湯を入れて、

15〜20分程、足をつけることで
簡単に足湯を行うことができますよ!

できれば足首が隠れるくらいまで
浸かるのがおすすめです!

もっと効果的に足湯を行いたい場合は
温水と冷水を準備してから、

温水に5分ほど足をつけて温まったら
冷水に30秒ほど足をつけて冷やす、

という入り方を繰り返し2〜3回行うことで
保温効果がさらに高まりますよ!

子宮の冷えを取るエクササイズ

日常生活にプラスして行うことで
さらに子宮冷えを改善できる

簡単なエクササイズを
3つご紹介していきます!

道具が必要無いものや
家にあるものですぐにできる
エクササイズなので、

気になったらすぐに始めてみてくださいね!

それでは順番に見ていきましょう♪

フラミンゴ

migisita

1.背筋を伸ばした状態で立ち
 足を肩幅に開き、腕は横に広げて
 肩の高さで止めます。

2.片足のつま先が反対側の膝までくるように
 曲げて持ち上げ、

 曲げた足の方向に上半身を90度ほど
 ゆっくりねじり、ゆっくりと戻します。

これを左右5回づつを1セットとして、
2セット行います。

名前の通り「フラミンゴ」を
イメージしたエクササイズですね!

このエクササイズは子宮を中心に
腰回りの血流を促してくれるので、

下半身太りに効果的ですよ!

スケーターキック

migisita

1.イスの背もたれに手を置き
 足を肩幅に開いて立ちます。

 これが基本姿勢ですね!

2.背筋を伸ばしたまま、軽く屈伸した後
 蹴るようにして片足を後ろに伸ばし、

 基本の姿勢に戻ります。

3.同じように軽く屈伸をしてから
 反対側の足を蹴るようにして伸ばします。

 基本の姿勢に戻ります。

これを右、左、右、左と交互に30回
繰り返し行います。

椅子じゃなくても机や壁などでも
大丈夫ですが、

周りを蹴らないように
注意してくださいね!(*^^)

このエクササイズでは
お尻から太ももまでの血流を促すので

太ももを細くしたいときには
特におすすめですよ!

モグラたたきスクワット

migisita

1.足を肩幅に開いて立ち、
 頭の上で手を組みます。

2.背筋を伸ばしたまま軽く屈伸した後
 かかとを上げながら背伸びします。

3.ゆっくりとかかとを降ろします。

これを10回行います。

このエクササイズでは
つま先までの血流を一気に促進します。

この3つはテレビでも行っていた
エクササイズなので効果抜群ですよ!

子宮の冷えを取る3つのエクササイズを
順番に行うことで、

下半身の血管のポンプアップを促し、
子宮冷えの解消に繋がりますよ♪

下半身だけでなく、
身体がポカポカしてきます(*^^)

テレビを見ながら簡単にできるので
是非試してみて下さい!

まとめ

migisita

「子宮冷え」は下半身太りの原因以外にも
さまざまな悪影響があるので、

まずは普段の飲食に気をつけながら、
エクササイズを行なってみて下さいね!

数週間ほど継続するだけでも
変化が出てくるはずです♪

下半身太りだけでなく、生理痛や生理不順も
「子宮冷え」を解消する事で改善に繋がります。

子宮温活をして「子宮冷え」を解消し、
下半身痩せを目指しましょう!

スポンサーリンク
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です